結婚式の招待状を送る

結婚式のご案内は早めに

結婚式の招待状は早めに送付を

結婚式の招待状は、式の1ヶ月前までには、参加、不参加の返信をもらわなければいけないので、早めに作成して送ることが大切です。式が近づくにつれて、色々と忙しくなりますので、できるだけ早めに送る人のリストを作成して、住所などを確認しておくことが大切です。できれば、相手の手元に招待状が届いてから、返信するまでの期間が1ヶ月程度あるのが理想です。ぎりぎりに送って、返信までの期限を短くするというのは、結婚式に招待する方々に失礼ですので、止めた方がよいです。また、手渡しできる人であれば、できるだけ手渡しすることをお勧めします。

結婚式の招待状が届いたら

知人、友人の一生に一度の晴れ舞台。寿の切手が貼られた、招待状が届き、結婚式に御呼ばれしたら、招待状も心をこめて返信しましょう。出欠の返事には「ご出席」「ご欠席」とありますが「ご」を消し、その前後に「喜んで出席させていただきます。」などの返事をしたなら完璧でしょう。差出人への宛名の「宛」を消して、「様」に直し、「御芳名」の「御芳」も消し、最近では、一言メッセージを添える欄もありますので、それにはいつものような話言葉ではなく、少し改まって「ご結婚おめでとうございます」や「新婦さんの花嫁姿、楽しみにしています。」などと相手を思いやるはなむけの言葉を添えましょう。

↑PAGE TOP